201704211952440ca
楽しみ!
フィールズは5月18日、都内上野の同社東京支店でエンターライズ製の新機種「パチスロ バイオハザード リベレーションズ」のプレス発表会を開催した。発表会には、タレントの南まりかさんも参加。エンターライズ販売管理部の上林稔昌部長(=写真右)と、新機種のプレゼンテーションを行うなどして会を盛り上げた。

人気シリーズ最新作となる新機種は、ボーナスとARTが融合したスペックで、可動式液晶などが特徴的な専用筐体「The Abyss(ザ・アビス)」を採用。コンテンツの持つ恐怖感をゲーム性とリンクさせて再現したという、多彩な演出が見どころとなっている。

1セット50ゲーム+α継続するARTは、純増約2.0枚(ボーナス込み)という仕様。セット数連チャンによって瞬発力が創出されるほか、ゲーム数上乗せ特化ゾーンも搭載されている。また、ARTのトリガーとなるボーナス当選確率は、設定1でも1/119と軽めの設計。約60枚が獲得可能だ。導入予定は7月下旬。

©CAPCOM CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

http://www.yugitsushin.jp/news/maker/人気シリーズのパチスロバイオ最新作が登場/

AAの画像化 (3)